CACフォーラム一泊研修会
- CACフォーラム20周年記念 -



CACフォーラム一泊研修会の内容が決まりました。

《日時》 2010年10月04日(月)〜05日(火)

《場所》 愛知県蒲郡市 ホテル竹島 (http://www.hotel-takeshima.co.jp/)
      〒443-0031 愛知県蒲郡市竹島海岸
      TEL 0533-69-1256 / FAX 0533-67-7439

《参加費》 (宿泊費(1泊3食付き)・懇親会費込み)
       正会員/学識会員/学生会員:18,000円
       個人会員:20,000円
       一般:27,000円
        当日、受付でお支払い下さい。
        ※現地までの交通費は各自ご負担ください。
    
《定員》 30名

《申し込み》 締切日:2010年 9月15日(水)
        参加申込書をE-mailにてCACフォーラム事務局までお送りください。


《プログラム》

10月04日(月)
 
1. 会長挨拶 −CACフォーラム設立20周年を記念して− (13:00〜13:40)
東京大学   教授  船津 公人 氏
「予測と設計のためのケモインフォマティックス」
 CACフォーラムは今年で設立20周年を迎えた。予測と設計の役立つケモインフォマティックスを目指した活動をその成果を振り返り、今後の方向性などを語る。

2. 講演(I)(13:40〜14:40)
お茶の水女子大学   名誉教授  藤枝 修子 氏
「パソコンと共に歩んだ非線形化学実験から女性研究者支援への展開」
 CACフォーラムは、1990年10月5日にCHEMICS研究会として発足し、今年で20周年を迎える。この間に化学分野のコンピュータ利用は大型電子計算機とマイクロコンピュータに二極化した。後者はCPU全般の演算速度やメモリー容量などが急激に進歩し、PCとして利用範囲や利用者数を爆発的に増やした。CACフォーラムの20周年にちなんで、数々の懐かしい思い出話などを披露したい。続いて、金属光沢をもつ化合物としてのタングステンブロンズの分光化学、自作の熱交換熱量測定法、非線形科学・非平衡化学系の実例としての化学振動反応、微小重力場の化学実験、環境データのケモメトリックスなどの事例を簡単に紹介する。さらに、定年後の仕事として現在も継続中のアフガニスタンの女子教育支援、理工農学分野の女性研究者支援についても紹介する。

---------(休憩 20分)----------(14:40〜15:00)

3. 講演(II)(15:00〜16:00)
東京大学   教授 宮野 悟 氏
「スパコンで焙り出す薬剤応答遺伝子ネットワーク」
 複雑な生命システムを理解するには、これまでの分子生物学的方法論だけでは無理だということが認識され、スーパーコンピュータを利用した大規模データ解析による生体内分子ネットワークの解析や、生命システムをモデル化し、シミュレーションモデルと実験データとを融合させるなどの方法論が必要となってきている。本講演では、スーパーコンピュータ