CACフォーラム一泊研修会



CACフォーラム一泊研修会の内容が決まりました。

《日時》 2009年10月22日(木)〜23日(金)

《場所》 兵庫県有馬温泉 有馬ビューホテル (http://www.arima-view.com/)
      〒651-1401 兵庫県神戸市北区有馬町池の尻292-2
      TEL 078-904-2295 / FAX 078-904-0993

《参加費》 (宿泊費(1泊3食付き)・懇親会費込み)
       正会員/学識会員/学生会員:18,000円
       個人会員:20,000円
       一般:27,000円
       当日、受付でお支払い下さい。
       ※現地までの交通費は各自ご負担ください。

《定員》 30名

《申し込み》 締切日:2009年10月7日(水)
        参加申込書をE-mailにてCACフォーラム事務局までお送りください。


《プログラム》

10月22日(木) 
1. 会長あいさつ(13:00〜13:10)
東京大学  教授  船津 公人 氏

2. 講演(I)(13:10〜14:10)
奈良先端科学技術大学院大学   教授  金谷 重彦 氏
「生物種-代謝物関係データベースKNApSAcK:世界の有用植物の悉皆的解析に向けて」
 植物における二次代謝産物は約20万種以上と推定され、5万種については構造決定されていると報告されている。そこで、代謝産物と生物種の関係を体系化することを目的に、文献情報をもとに、生物種とその生物において発見された代謝物の関係をデータベース化することを2004年より開始した。本発表では、KNApSAcK DBの現状を紹介する。さらに、生物資源の多面的な利用の目的からの代謝物検索を容易にするためのウェブサービスとしてKNApSAcKファミリーの研究開発を進めている。現在までにLunch Box(目的:食履歴)、KAMPO(漢方生薬)、KNApSAcK from around the world(世界の薬用植物)の3種のデータベース構築が完了した。これらのデータベースの現状についても紹介する。また、KNApSAcK DBを用いたバイオインフォマティクス解析の例として、大腸菌の生育曲線と代謝物の関係についてのメタボロミクス解析についても紹介する。

3. 講演(II)(14:10〜14:50)
東京大学 船津研究室   光山 倫央 氏
「ケモゲノミクス手法に関する研究」
 医薬品開発においては、候補化合物の活性予測のために構造活性相関(QSAR)が用いられる。QSARではリガンド情報を数値化した構造記述子と単一のタンパク質に対する活性値との間に機械学習手法を適用し、活性予測モデルを構築する。この際、モデル構築に用いられるのはリガンド情報のみであり、ターゲットタンパク質の情報は用いられないのが一般的であった。しかい近年ではQSAR手法を発展させ、タンパク質情報も用いてモデルを構築するケモゲノミクスとよばれる手法が開発されてきている。ケモゲノミクス手法を用いることで、リガンドデータが少数または存在しない場合でも予測可能、薬効のみならず副作用も同時に予測することが可能などの